世界歯内療法学会に参加してきました。

皆さんこんにちは。院長の高橋 浩です。

先週の木曜から世界歯内療法学会が始まりました。32カ国の世界各国からの参加。とても興味深い内容がたくさんありました。

学会というとアクロバット的な治療、臨床でなかなか応用出来ない内容の治療等多いのですが、今回の学会はとても臨床に近い内容でした。日ごろ悩んでいること、疑問に思っていることがとてもクリアになり、自信を持って臨床に望めるようになります。

今回とても聞きたかった内容は歯の移植。皆さん移植と聞くと何か特別なことかと思いますが、それほどアクロバット的な治療でもないのです。成功すれば、元の自分の歯のように快適に使うことが出来ます。

インプラントの選択肢が多くなる中、この移植の方法は若干テクニックがいるために、インプラントに押されている感じがあります。この移植と言う方法、意図的再植術と、自家移植と言う方法があります。どちらも成功率がとても高く、韓国の先生の発表によると、80パーセント以上の確立で成功していました。根の治療も抜いた状態で行われ、成功率は98パーセント。

インプラントをする前、親知らずを抜く前、歯をぬくまえに皆さんもう一度考えて見てください。

今回の学会は、クリニックみんなで参加してきました。年に数回は知識のアップグレードが必須ですね。この学会はプレゼンテーションは全て英語。日本人の先生も英語でした。もちろん同時通訳がつくのですが。。。。私はほぼ同時通訳をきいていました。ここで驚いたことに隣に座っていた生澤先生。。。。。あれ同時通訳いらないの?生澤先生”このくらいの英語であれば大丈夫ですよ。” 凄い。バイリンガル。

歯科医師 高橋 浩

最近歯のクリーニングしていますか?

こんにちは、元受付嬢の福本です。

昨年12月に仲間の一員になってくれた横井さんに受付を引き継いではや数カ月、患者様に辞めたと思っていたよと言われることが増えました・・・が、まだまだ元気にお仕事していますのでご安心ください。

 

さて、先日自宅で私が衝撃を受けた出来事があったのでお話させてください。

ある日、洗濯物を干していると、黒っぽい海苔?海藻?のようなものが洗濯物についていました。もしかしてと思い、急いで洗濯機の汚れ取り用の洗剤を使い回してみました。

すると、海苔のような汚れたちがたっくさん取れたのです!ショックでした。

洗剤の使用頻度は3~4カ月に1度と書いてあったので、その通り使用していたのに何でだろうと考えていたら・・・

うちは古い洗濯機なので、洗うのに時間がかかるうえ、柔軟剤を事前に入れておくことができないのです。なので、最近忙しい時は時間節約の為に寝る前にすすぎまでセットし、朝に柔軟剤を入れて最後の脱水をすることが多かったんです。通常の使用より、水につかっている時間があまりに長く、汚れが溜まってしまったようです。

これからは、洗濯機の使い方を改めようと思います。

 

歯のお手入れも同じように、普段何気なくしていることで、間違ったお手入れをしている方が多いかもしれません。

虫歯もないし、しっかり磨けているから大丈夫!と何年も歯医者さんに行ってない方は周りにいらっしゃらないですか?

磨けているつもりでも、一部分だけ歯ブラシが当たっていなくて磨けてなく、歯周病が進行していたなんてことも結構あるんですよ。

まだ若いのに、歯の隙間の汚れ取りに、デンタルフロス(糸ようじ)ではなく歯間ブラシを使っていませんか?

隙間が狭い場所へ無理に歯間ブラシを入れると歯茎が傷つき、逆に隙間を広げてしまう可能性もあるんですよ。

歯石がついたら、歯医者ではなく市販の機械で御自分でガリガリ削りとったりしていませんか?

歯の表面はとてもデリケートなので、歯石だけでなく、御自分の歯を思いっきり削ってしまっているかもしれませんよ。(削れてしまった表面は再生されないってご存知ですか?)
半年以上歯医者に行っていらっしゃらない方は、是非一度検診に歯医者さんへ行ってみてください。問題がなければラッキーですが、磨き残しや、虫歯、歯周病の治療が必要になるかもしれません。御自分の体を大切にしてくださいね。

歯は代わりがきかない

先日、病院のレントゲン機械にトラブルが起こりました。

ソフトを立ち上げても、患者さんのデータが読み込めず、撮影もできず困り果て、急いで業者の方に連絡を取り確認してもらたところ、撮影したデータは問題ないが、何らかの原因で患者様の名前のデータだけ無くなってしまっていたそうです。

バックアップを取っていればすぐに復元できるのですが、当院ではしていなかったので、診療後に、ほかのスタッフと地道に患者様1000件分のデータを再入力しました・・・

 

当院では、普段レントゲン室だけでなく、治療の各部屋・カウンセリングルームでもレントゲンや撮影した画像を見れるようにシステムを組んでいます。

そのため、撮ってすぐレントゲンを見ながら口腔内の確認が出来たり、虫歯の撮影をして、患者様にお見せしたりできます。レントゲンが見れなかったのはほんの数時間ですが、普段当たり前にある物が無く、作業がとても不便でした。

機械であれば、修理もしくは最悪新しく買い替える事が出来ますが、歯はそうはいきません。

虫歯が1本あるだけで、痛くてそちら側で物が噛めない、歯がしみて食事がおいしくない・・・当院にいらっしゃる患者様で、痛みが無くなり感謝してくださる方もいますし、他院で残せないと言われた歯が、治療の末なんとか保存できた際など、皆様歯の大切さを実感されます。

一見たくさんある歯ですが、1本1本役割も違いますし、たった一ヶ所痛みがあるだけでも日常生活に支障が出ますよね?

歯は、機械と違って虫歯になっても新品に変えることは出来ませんので、失ってから大切さに気がつくのでは遅いのです。

痛くなる前、もっと言えば、虫歯にならないように日ごろの検診がとても大事です。

最近携帯電話が故障し、データの一部が復元できずへこんでいる福本からのアドバイスでした。

 

眠くなる歯医者さん?!

こんにちは。歯科助手の横井です。

当院では、治療の際にラバーダムというゴムのシートを使用します。また最近では機械音が苦手な方のために音楽を流したヘッドホンをつけていただいて治療を進めていくこともあります。患者様の気持ちを理解するため、私も以前治療していただいた際にヘッドホンをつけてみました。私は機械音は気にならないので、逆に音楽しか聞こえず先生の声があまり聞こえない状態の方が不安でした。もちろんヘッドホンをすることでリラックスして治療を受けられる方もいらっしゃいます。あの独特のキーンという機械音が苦手で怖いという患者様にとっては振動は伝わるもののヘッドホンが雑音をカットするため、音楽を聴きながら寝ちゃいましたというお言葉もいただいております。

今後多くの患者様に快適に治療を受けていただくためにも、遠慮せずに気になることは教えてください。治療中は言いにくいという場合は、治療後お会計の際にこっそり伝えていただくのでも大丈夫です!

自分の歯で食べる幸せ

こんにちは。歯科助手の横井です。

突然ですが、私には4本の乳歯が残っています。生まれつき永久歯が無く抜けてしまうと歯抜けの状態になってしまうため、永久歯と同じように大事にしなければいけません。しかし、以前そのうちの2本が虫歯になってしまい銀歯を詰めていました。当院に勤めるまでは、別の歯医者さんで定期健診を受けていましたが、1年くらい前から左下に痛みが出始めモノを噛めない状態が続いていました。以前の歯医者さんでは、「乳歯で噛む力が弱くなってるからあまり噛まないようにして、痛みが続くようなら抜歯だね」と言われたため、痛くても我慢していました。

そのことを先生に伝え、見てもらったところ銀歯の下がまた虫歯になっていることがわかりました。痛みがあるのに半年以上放置していたため虫歯はかなり深いところまで進行していましたが、幸い神経を抜かずに済みました。

治療を受けたことで、以前のようにモノを食べても痛くなくなり、ゴハンを食べるときのストレスも無くなりました。自分の歯で食事を出来ることは幸せなことです。なので、歯を抜いて入れ歯やインプラントにすればいいと考えるのではなく、みなさんも気になることは是非早めに伝えていただき、定期的に健診を受けに来てくださいね!

第9回世界歯内療法会議

5月23日から26日まで、第9回世界歯内療法会議が、東京国際フォーラムで開催されました。

 

初のアジア地域での開催で、参加しない理由はない!というわけで、院長、生澤先生、笠原先生、そして私も参加してきました。

歯内療法とは、「歯の内部の治療」「 歯の根っこの中の治療」のことをいいます。

歯の中には、神経と呼ばれている歯髄という組織が あり、根っこの先は、あごの骨の中の神経や血管とつながっています。この歯髄が、むし歯などで細菌感染することがあり、痛んだり歯ぐきが腫れたりします。その場合、歯髄(神経)の治療をして歯を残すような治療 をするのですが、非常に難しい治療です。

日々進歩する医療について、いろいろな研究や技術について知ることができ、大変貴重で有意義な経験をすることができました。

次回南アフリカでの学会もぜひ!スタッフみんなで・・・  (高野)

 

 

 

世界中から根の治療のスペシャリストが集まりました

5月23日~26日まで、世界歯内療法学会が有楽町にて行われました。昨日まで朝から晩まで参加して吸収してきました。今も興奮さめやらぬ状況です。

初日はプレコングレスコースとして、私はRECPROCの開発者であるDr.Yaredの講義と実習とSAFの講義をききました。これは、神経のある空洞を広げながらきれいにする道具で、新しいコンセプトに基づいているので、日本では注目されています。(欧米ではすでに使われている道具です)

Yared先生は、金属の特性や治療成績など論文などを交えて説明してくだいました。1999年に開発してもはやOld to me.と聞いたのは、びっくりです。しかし、それが日本とアメリカとの根の治療の質の差と言い換えることもできるかもしれません。

今回世界中の講演も聞けて、新しいことがいっぱいありました。一口に根の治療といっても、色々な方面の研究があり、根の中に侵入してしまったばい菌を取り除くという行為がいかに難しいかということもよくわかりました。下の写真は、歯の神経が根の中でどのような走行をしているかをしめしたものです。それぞれがこのように複雑な形なら、根の治療は確かに難しいはずです。しかし、そのばい菌と対峙すべく、世界のendodontist(歯の根のスペシャリスト)が日々研究や診療をこれからも続けていくでしょう。根の治療で苦しむ患者さまのために。次の大会は3年後の南アフリカで行われます!!

 

藤本研修会歯内療法学コース(第15期)に参加しました(第一回)

こんにちは、歯科医師の生澤です。4月28日29日の二日間、根の治療(エンド)の勉強会に参加させて頂きました。このコースは一年間かけて、アメリカで行われている基準での歯の根の治療を習得するコースです。エンドコースは、今回で15年目の開催で、院長も参加しておおいに勉強になったということで、私に勧めてくださいました。

参加した先生はみな熱い思いを秘めていらっしゃるようで、2日間一緒に過ごす中で、一年間頑張ろう!と盛り上がりました。

講師の石井宏先生は大変有名な方で、講義がパワフル!かつ質問にも熱心に応じてくださるので、朝から夕方まで講義でも全然たいくつしませんでした。充実した2日間でした。また内容についてはHPにてご紹介いたしますので、お楽しみに。

バーベキューパーティー

こんにちは。高野です。

今日は、ヒロ横浜デンタル4周年記念バーベキューパーティーでした。

数日前まで雨の予報でしたが、すっきり晴れてお天気にも恵まれました。

海からの風が気持ちよく、院長が用意してくださったお肉やシーフードに、スタッフそれぞれ持ち寄ったお料理や飲み物、それにゲストの方々から頂いたデザート・・・どれもおいしく、とても楽しい一日でした。

 

 

 

青空の下で、バーベキューする機会は大人になるとなかなかないので、毎年楽しい企画をたててくださってる院長にスタッフ一同感謝しております。

お忙しいなか、スケジュールを調整して来てくださった方々、本当にありがとうございました。