一年経って思うこと。

皆さんこんにちは。歯科医師の高橋浩です。

一年経つのは本当に早いですね。ヒロ横浜デンタルでは毎年必ず医院の目標と、個人的な目標を年末年始に全員で設定し、一年間それに向かってスタッフ全員がベクトルを合わせて治療にあたっています。今年の医院の目標は具体的にブログには書くことができませんが、一つの目標は達成できましたが、もう一つの目標は一歩手前まで辿り着きましたが、残念ながら達成には至りませんでした。

日々の生活を何となく過ごし、毎日の生活に追われ、目標がないまま過ごすと、今年一年何をしてきたのかがわからず、”ああ 今年もただ仕事をこなすだけで一年が終わった。。。となってしまいがちです。目標をたてずにいると船の最終目的地が決まっていないと同じで、ただ海をさまようだけで何となく近くの港により何となく入って遊んで、だらだらと過ごすことになってしまいます。

もし最終目的地が決まっていればどうでしょう?そこに到達するには燃料はあるか?食料はそろっているか?地図はあるか?天候は大丈夫か?日付は決まっているか?乗組員の士気は大丈夫か?綿密な計画を立てることにより、世界何万もある一つの港に着くことができるのです。

私たちの小さな組織を一つの船と考えると同じことが言えます。

毎月目標に向けての再評価を行い、軌道修正を行いながら、天候、燃料の状態を確認してきましたが、今回は目的地に辿り着くことができませんでした。そのすべての責任は船長にあり、ここであれば院長の私に責任があるのは当然です。スタッフのみんなが精一杯がんばってくれたにも関わらず。。。。ただ、今回目標を、目的地を決めていなければどうなっていたでしょうか?多分今回の目標の半分どころか、もしかするとマイナスにはたらいていたかもしれませんし、目的地の反対の方向に進んでいたかもしれません。目標がなく出た結果と、目標を持った結果では同じ”結果”でも成果は全く異なり充実感も全く違ったものになります。もう一つの達成した目標は倍の目標値に達していましたが、これに慢心することなく、”勝って兜の緒を締めよ”を胸に来年に望みたいと思います。

スタッフのチームの皆さん、信頼して来院していただいた患者さん。支えていただいた家族,一年間本当にありがとうございます。

院長 高橋 浩

 

世界基準の歯の神経の治療とは (ペンシルバニア大学のコンセプト) 

こんにちは。歯科医師の生澤です。

先日、文化の日に石井宏先生ら、ペンエンドスタディクラブジャパンの先生方による”世界基準の歯内療法”というタイトルの講演会に行かせて頂きました。

パンフレットに「先進国日本で行われている歯内療法は、健康に対する要求度が高くなった我が国民を満足させるクオリティーに達しているのだろうか? とりわけ専門医制度のある、その他の先進国と比較して同等の成功率を与えられているのであろうか?」とありました。石井先生がペンシルバニア大学から戻られて精力的に活動されているのは、まさにこの問題意識を根幹に持っておられるからに他なりません。

藤本研修会で教えて頂いている先生方に、復習のつもりで頭に叩きこもうと参加しましたが、また新たな知見も交えてお話頂き、大変勉強になりました。藤本研修会でご一緒の先生方も来ておられました。

さて、世界基準の歯内療法(神経の治療)とは何でしょうか。それには、まずとラバーダ菌のいない道具を使うということです。現在の日本の歯科医療では、この2つを守らないと、世界基準のの字も達していないということです。その上で、長年の研究論文で裏づけされた治療方法だけを行うということなのです。

実際にはいくつかハードルがあって基準に達するのが難しい歯科医院も多いと予想されますが、幸いヒロ横浜デンタルではこの世界基準の環境が整っています。そして、勉強会に喜んで送り出してくれます。実際に研究論文で裏づけされたことだけを行うというのは、とても明快で気持ちがいいものです。考え方から、一つ一つの治療行為に意味があり、明確な目的を持ちながら、治療をすすめられるからです。

冒頭から、むし歯で神経を初めてとる治療の成功率も日本では5割以下と推測される、というところからも、われわれの使命は大きいと思われます。今後も研鑽を積んで参る所存です。

 

予想外のクリスマスプレゼント

こんにちは、一番の古株福本です。今年のクリスマスは、毎年恒例のヒロ横浜デンタルの院長サンタから、歯ブラシ1年分をもらったので、歯ブラシ頑張りたいと思います。

それからもうひとつ、予想外に主人からもプレゼントをもらいました!

お互いに全くクリスマスについての話もしておらず、何もなく過ぎるのかと思っていたし、23日に主人が仕事中に腰を痛め、腰を曲げていないと歩けないほどだったので、どこにも出かけずゆっくり過ごそうと思っていました。

24日に仕事から帰ってみると、腰が痛いはずなのに主人の部屋の電気はつけっぱなしでどこにもおらず、2階に上がってみると・・・私の部屋で私のおもちゃコレクションを飾るための棚を作ってくれていました!!

朝も、安静にするよう強く言っておいたのに、暖かくして良くなったからと、クリスマスに間に合うように棚を作ってくれたそうです。もちろん、体のことが心配でしっかり叱っておきました。

私は、10代の頃からナイトメアビフォアクリスマスという映画にハマり、一時期グッズを購入が趣味で妹と相当量買い漁ってました。母からは、そんなオバケグッズ、結婚したら持って行けないし、場所も取るし、飾れないんだから無駄だと散々言われていましたが、主人は呆れながらも理解してくれています。自分の部屋内なら好きにすればいいというだけでなく、今回大切にしまい込んでいた物たちの置き場所を作ってくれました。

この棚だけでは、膨大なコレクションのほんの一部しか納まりませんが、年末のお休みを使って飾ってゆこうと思います。

高価なプレゼントより、何倍も価値のあるプレゼントをもらったので、来年は、私にしかあげられないギフト(子供)を主人にプレゼント出来たらいなと思いました(笑)

皆さんは、今年どんな素敵なプレゼントをもらったもしくは、あげましたか??

定期健診の重要性

皆さん、最近歯医者に行きましたか?

ずっと放置していたけれど、年末の旅行前に痛いところを治しておくか・・・なんて思ってませんか??

実際、長期の休みの1ヶ月ほど前から問い合わせのお電話が、普段の2倍近くに増えます。歯医者に行かないより、久しぶりでも行こうと思ってくれる方の方がもちろんいいのですが、当院の予約が混み合ってしまっており、年内どころか、1月以降も予約が埋まってしまっており、すぐに新規の患者様のご案内が難しい状況です。

すべての方の治療が出来たらと思ってはいますが、治療台数、限られたスタッフで1日に治療できる人数が限られており、お断りせざるおえないこともございますので御理解下さい。

 

お正月に歯が痛くて御馳走が食べれなくならないよう、日頃から歯医者さんで虫歯チェックとクリーニングをしてもらってください。そうすれば、痛くなる前の小さい虫歯のうちに発見でき、早期治療で痛みも、通う回数も格段に減るはすです。

皆様が、歯に不安のない新年を迎えられますよう心からお祈りしております。(福本)

 

 

根管治療

当院で専門的に行っている根管治療。みなさんは根管治療をしたことがありますか?私は幸いなことに全ての歯の神経が残っていて虫歯になっても銀歯を詰めるまでで留まっていました。しかし、1本だけ神経を抜かなければいけない歯が出てきてしまいました…その歯は乳歯なのですが、虫歯が深く以前2回ほどMTAという神経保護の治療をしていただいたのですが、しみたり痛みが引かなかったため、このような結果になりました。あまり神経を抜きたくないので様子を見ていたいのですが自発痛が出てきてからでは遅いので。

治療の予定はまだですが、今現在治療中の患者様の気持ちがわかるかな。と前向きに考えて治療の予約を入れようかと思います。みなさまも気になることがございましたら痛みが出る前にご相談ください。 (横井)

歯の神経は無いとダメなのか。

当院では、虫歯が深くても可能な限り神経を残します。

そもそも、どうして歯に神経がないとダメなのか。ホームページにも書いてありますが、歯の中には色々な細胞が集結しています。血管や神経、リンパも個々の歯に存在し、細菌を殺すために免疫細胞が活躍したり、象牙芽細胞が歯を内側から修復したりしています。大きい虫歯で歯の神経を取らなくてはいけなくなると、歯の中の細胞は全て失われます。痛みを感じないので防御信号がなくなり、虫歯によって歯の量が減ったために割れやすくもなります。

このような理由から、当院では極力神経を残す治療を行っております。費用はかかりますが、神経の治療はもっと大変です。神経保護の後はしっかりと被せものをします。ここで治療はお終いになりますが、この後の歯磨きが大切です。どの治療の後にも言えることですが、どんなに良い被せものをしても普段の歯磨きが出来ていないと意味がありません。普段の歯磨きに不安がある方は歯磨き指導のお時間をお取りしますので、お気軽にご相談ください。私自身もみなさまのお手本になれるよう頑張ります。 (横井)

歯周病学会に入会しました

寒い日が続いていますね。2013年ももうすぐ終わろうとしています。

ヒロ横浜デンタルは、本日12月27日で今年の診療を終了しました。1月6日午後までお休みを頂いているので9日半もお休みがあるようですが、明日28日はミーティングや反省会、大掃除があり、診療はしておりませんが、お休みではありません・・・そして、年が明けて6日も午前中は初詣や機械のチェック、一年の目標設定の発表などで、出勤しておりますので、実際は8連休。今年は例年より少し長いお休みを頂いております。

さて、この一年は、皆様にとってどのような一年でしたでしょうか?

歳を経る毎に、あっという間に過ぎゆく一年。この間年が明けたと思ったのに、気が付けばもう年末・・・と感じておられる方も少なくないと思います。そんなことのないように、ヒロ横浜デンタルでは、年始に各々目標設定をします。毎月ミーティングで、経過を報告することで、達成に近づくことができ、有意義な日々を過ごすことができています。

明日は今年一年の達成状況の最終報告日。一年を振り返ることで、来年の課題も見えてきます。

私ごとではございますが、この度日本歯周病学会に入会致しました。今年は、歯内療法学会にも参加しました。想像以上に興味深い内容で、大変刺激を受けました。来年は歯周病学会に参加することで知識を深めていきたいと思っております。

来年も宜しくお願い致します。 (高野)

 

 

クリスマスパーティー

こんにちは。年末が近づくと、イルミネーションがきれいですね。

先日、ヒロ横浜デンタルでは、毎年恒例のクリスマスパーティーを行いました。今年も、スタッフがそれぞれ料理を持ち寄り、とても楽しいひとときを過ごしました。

院長から、スタッフ一人一人に、それぞれの希望のものや、趣味に合わせて、クリスマスプレゼントも頂いて、とても盛り上がりました。

クリスマスが終わると、いよいよ今年も終わりが近づいてきます。

今年は、曜日の関係上、少しお休みを長く頂いております。

来年もよろしくお願い致します。 (高野)

 

 

 

 

ダイレクトボンディングの巨匠のクリニックは高級サロン?!

2月に実習コースでお世話になった高橋登先生のクリニックに、先日お邪魔して治療を見学させて頂くという貴重な機会を頂きました。本当にこの機会を無駄にしてはいけない!という思いで、行かせていただきました。

閑静な住宅街にあるクリニックは、白を基調としたモダンなデザインの受付から診療室へ入ると、大きな観葉植物が枝を伸ばし、何ともラグジュアリーな香りに包まれ、ここが歯科医院だということを完全に忘れさせてくれます。

と、ここまででも、おー!!という感じなのですが、治療ももちろん素晴らしいです。午前中で、3分の1程度欠けてしまっていた前歯2本を天然の歯のように白いプラスチックで作りあげました。各過程ごとに写真撮影をして、一体何色の歯の色を使って、何回固めたでしょうか。(プラスチックは柔らかいので、形を整えて特殊な光で固めていきます)20回前後は固めたと思います。通常の保険治療なら、もちろん一色で一回ということもあります。しかし、登先生の診療室の引き出しのプラスチックの種類の多さがすごいです。世界各社のメーカーで販売している色全て持っているのではないか、と推測できるくらい、、、画家のパレットです。実際に、先生は世界でこのメーカーしか出していないという器具をご自分で加工されて使っておられました。また、ご自分でもプラスチックの色を、あるメーカーと共同でプロデュースされたそうです。

”こだわり”という一言では言い表せません。クリニックにあるもので吟味されずに置かれている物は全くないと思います。歯科医師ですが、同時にアーティストだと思いました。

ということで、まさに巨匠でした。実習セミナーだけではなかなか伝えきるのが難しいとおっしゃっていましたが、まだまだ色々伺いたいことがどんどんでてきた感じです。

登先生本当に貴重な機会を頂きありがとうございました。(生澤)

マナー講習会

先日、先生とスタッフでビジネスマナー講習会に参加してきました。

マナー講習は大学の授業以来でしたが、わかっているつもりでも間違っていたり、勘違いしている部分もあったりと楽しく受けることができました。

講習会では、患者様とお話しするときの目線の位置や距離、お辞儀の角度、言葉遣いなど応対する上での基本的なことを教えていただきました。また電話応対について教えていただくときには、実際に電話を取り自分の声を録音することで、普段患者様にどのように感じられているかを知ることができました。他の医院の方も一緒に講習を受けていたのですが、全員の声を録音して聞いたので、滅多に聞くことが出来ないことを経験出来ました。

緊張もあったと思いますが、少しスピードが早めだったり、声が遠く聞こえる方やハキハキと明るく話す方など、実際に他の医院での電話の出方を聞き、またその場で注意点も言ってもらえるのでとても刺激的でした。

患者様が医院に対して治療内容以外に求めることが多くなっている現在、少しでも多くの患者様にリラックスして診療を受けていただけるよう勤めていきたいと思います。(横井)