横濱

こんにちは。歯科医師の堀です。

先日、チェロリストの知人が開くコンサートが元町のベーリックホールであり行ってきました。弦楽3重奏にピアノに古い洋館でのコンサートとあってとても趣があり、中休憩では広いホールでお茶をいただくなど映画のワンシーンのような雰囲気を楽しむことができました。

横浜で仕事をするようになってからはもう8年になります。

横浜の開港の歴史は実はそんなに詳しくはありませんが、みなとみらいを中心に関内、元町とあちこちに古い開港時代の建物や歴史資料館などがありますよね。

長野を出てから地元の良さや新しい発見があったように、当たり前のように住むこの地域にもたくさんの歴史的名所があります。せっかく住んでいるのだからこの地域の歴史的なところにも目を向けて訪れてみたいなと思います。

 

2月は逃げて走る

こんにちは。ヒロ横浜デンタルの山下です。

先日患者様に「ブログ見てますよ〜、皆さんのブログ、すごく面白いです。」と教えて頂きました。
その方は堀先生がアップルパイを作っていることや、スタッフの趣味もご存知で、細かい内容まで読んでくれているようでした。
ブログを読んでくださる皆様、いつもありがとうございます。
年が明けてからもう2ヶ月が経とうとしています。
2月は院長先生が海外出張で不在のため二連休の週がありました。
普段は日曜、水曜日休みなので、久しぶりの二連休に喜んでいたのですが、私は連休よりも普段の(水、日曜日)休みの方が好きだなぁと思いました。
2月は本当にあっという間でした。
今年掲げた目標を見直しつつ、3月も前進したいと思います。

お菓子作り

こんにちは。ヒロ横浜デンタルの山下です。

そろそろ暖かくなってきましたが、花粉症の方には辛い季節がやってきますね。
私はまだ花粉症ではないのですが、今年こそは、、と毎年ヒヤヒヤしています。
そんな私は最近お菓子作りにはまっています。
甘い食べ物って一度食べるとクセになりますよね。
プリン、マフィン、スイートポテト、チーズケーキ、クッキーなど色々作っています。
味見でほとんど無くなってしまうこともありますが、美味しく出来たらいつか皆様にお裾分けしようと思っています。
まだまだ自信を持って美味しいとは言えないので、これからもお菓子作りを続けて美味しく作れるようになりたいと思います。
クックパッドのレシピを参考に作っているのですが、美味くてオススメのレシピがあったら是非教えてくださいね。

ラフターヨガ

こんにちは。歯科助手の横井です。

先日ネットで見つけたのですが、ラフターヨガってご存知ですか?

ラフターヨガ(笑いヨガ)は笑いとヨガの呼吸法を組み合わせたエクササイズで、笑うことで多くの酸素を自然に体に取り入れることで、心身共にすっきりし元気になることができるそうです。患者様にもヨガをされている方がいらっしゃるので、私も国家試験が終わったら運動を始めたいと思い、今から何を始めようか探していたところラフターヨガを見つけました。

笑うことは体にとって、とても良く、免疫力の高まりや癌細胞にも効くと言われています。今は、なかなか時間を作る余裕がないですが、落ち着いたら始めてみようと思います!

電動歯ブラシ

こんにちは。歯科助手の横井です。

先日、ソニケアの方がデモ機の説明にいらっしゃいました。歯ブラシの種類も多く、舌ブラシもあったので、全種類試してみました。私は、歯も口もあまり大きくないのでヘッドの大きい物は磨きにくいな、とか小さい物でも毛先の細すぎる物よりは若干太めのほうがいいかな、と自分の好みにも気付きました。舌ブラシは、思っていたよりはくすぐったくなく、気持ちよかったので家でも使ってみようと思います。また、毛先の形も違うので、自分に合った歯ブラシを見つけることが大事だと再確認しました。

日本人の9割が毎日1回は歯磨きをしていますが、歯周病患者の割合が8割ある現状。「磨いている」と「磨けている」は違います。自分に合った歯ブラシを見つけることで少しでもこの現状が改善されることを願っています。

バレンタイン

こんにちは!歯科医師の堀です。

バレンタインといえば世の男性が楽しみにしているイベントの一つでしょうか?

歯医者さんは割と女性が多い職場なこともあって誰にももらえなくてもスタッフにはもらえるなんて歯医者さんも多いかもしれません(笑)

今年もスタッフや患者さんにも頂いたりしましたが。。。

何故か妻がもらってきたチョコの数が自分の倍という結果に。。。

友チョコに感謝チョコともはや商戦の対象が男性相手へ送るイベントでなくなってきているような気がするのを象徴するような結果となりました(笑)いつからバレンタインがこんな感じになったんだろう??と思うこのごろです…

最近は虫歯にならないチョコといって歯医者でも売られたりしておりますが、

みなさんも食べ過ぎて虫歯にならないようにしっかり歯磨きしましょう!

 

 

 

キシリトール

こんにちは、歯科衛生士の武蔵です

みなさんキシリトールがどんなものかご存知でしょうか?
多くの人が何となく歯に良さそうな印象を持っているかと思います。
その通り、キシリトールは歯に良いです。ですがそれだけでなくキシリトールを上手く活用すればおいしくカンタンにむし歯を予防することも出来るのです!
むし歯の原因は色々ありますが一番の原因は口の中に存在するミュータンス菌(むし歯菌)です。誰の口の中にも色々な菌はいますがキシリトールはその中のミュータンス菌を弱らせ、減らしてくれる力を持っています。この働きによって歯を溶かす酸を作ることが出来なくなり、むし歯をつくりにくい良い菌が口の中に増えるのです。
また、むし歯や歯周病の原因にもなる歯のプラーク(歯垢)に対しても作用します。キシリトールを食べることによってプラークの中の菌の数を減らしてくれてプラークを作りにくくしてくれます。
このようにキシリトールは美味しいだけでなく大きなチカラを持っているんです。皆様も普段の生活にキシリトールを取り入れてみてはいかかでしょうか??

誕生日

歯科衛生士の武蔵です。

2月に入って少し寒さが和らいだ気がします。
皆様はいかがお過ごしですか??
私は先日誕生日を迎えたのですが、社会人になって初めての誕生日をヒロ横浜デンタルのスタッフ皆様に祝って頂きました!お昼にケーキを用意してくださり、感動的なお手紙とプレゼントを頂けたりと、
とても幸せでした。ありがとうございました^^ハタチを超えてから歳をとるのが年々辛くなりつつありますが、自分の誕生日を祝って下さる職場や大切な人達がいることに感謝しています。
 
誕生日当日、もうすぐ母になる福本さんから素敵な事を教えて頂きました。「誕生日は自分の産まれた日でもあるけど両親にとっても親になった記念日」ということ。今まで自分の誕生日は自分が産まれためでたい日としか考えた事が無かったので凄く心に響きました。来年の誕生日は両親に逆サプライズでもしようと思います^^
2●歳、無茶をせず、少しでも大人になれるように頑張ります…!

英語は楽しい(苦しい?)

みなさんこんにちは。院長の高橋 浩です。

現在、ペンシルバニア大学のインターナショナルプログラムに参加しており、患者様及びスタッフの皆様には大変ご迷惑をおかけしております。数年前からプランを練っていたこのプログラム。不安がいっぱいでしたが、案ずるより産むが易し。来てみると目から鱗、楽しい事がいっぱいで、日本のいいところとアメリカのいいところがはっきりと見えてきました。

アメリカ。。。この国は本当に面白い国ですね。当然英語は彼らより話せません。セミナーもかなり早口で、どのくらい理解できているのやら。。。ただこちらの質問には真剣に耳を傾けてくれ、なんとか解釈してくれるよう努力してくれます。

しかしアメリカではみんな、言わないと動いてくれません。空気を読むということは日本独特の考え。言いたいことはしっかりイエスとノーで答えなくてはいけません。

今回のプログラムの面接。昨年の同じ月にペンシルバニア大学を訪れました。面接と言ってもとってもフランクでした。何度かお会いしたことのある先生方でしたので「なんだお前か!」というような感じでした。「こんな英語力でも大丈夫ですか」と聞いた私に「情熱があれば大丈夫。このプログラムはどんな人間も来れるわけではないよ。君がこの限られたプログラムに来られるのは、スタッフや家族、患者さんのおかげだから、感謝してね」と言われたことを覚えています。

先日顕微鏡歯科の先駆者であるキム教授とみんなでご飯を食べました。とても面倒見がいい先生で、大変ご多忙な中、私にもお気遣いくださいました。その食事の時のメンバーは、日本人の私、実習のパートナーのフランス人キャロライン、教育担当のインド人、現在チエアーマンのアメリカ人、韓国出身のキム先生、ドイツ出身のセッツアー先生、スペイン出身のレジデント。。。。。。。 やっぱり共通語は英語です。日本ではなかなかこんな光景ないですよね。

言いたいことを、なかなか英語で表現できず、フラストレーションの溜まる毎日。今も日本の基礎英語を片手に、発音をする毎日でございます。

高橋 浩

 

時差ぼけ

こんにちは。院長の高橋 浩です。

今アメリカ時間で夜の1時。日本では仕事が終わらない時以外、こんな時間まで起きていることはあまりありません。アメリカとの時差はほぼ12時間。完全に逆です。ものすごく苦しい。。。。。。。。。。特にこちらの午後3時頃。目を開けているのがやっとです。 アメリカのレクチャー。日本のレクチャーと違い、フランクです。そして誰も寝ていません!これはすごい。

今日もプログラムが終わり帰ってきてから、すぐにベットでバタン。しかしこちらの夜中の1時に目が突然醒める。こんな生活がいつまで続くのでしょうか?アー苦しい。時差ぼけ対処法をいろいろと試したのですが、なかなか上手くいかないものですね。

高橋 浩