よみがえる歯

こんにちは。高野です。

先週末、品川で行われた高橋登先生のダイレクトボンディングセミナーに参加してきました。

むし歯などを削ったあと、このような白い詰め物が詰まっている方、多いのではないでしょうか。

天然の歯はこんなふうに平らになっているわけではなく、スピルウェイがあります。スピルウェイとはかみあわせの部分に見られる模様のようなもの。

これは、食べ物を食べるときに噛み砕いた食べ物が、かみ合わせた部分から流れ出る通路の役割があり、歯茎のマッサージや自浄作用などの役割もあります。スピルウェイは口の中に残った食べかすを取り除く歯の作用にも大きく関係していて、歯にとって欠かせない大切な機能です。

このような「本来の歯」を治療で再現させましょう、という内容の講習です。

見た目だけでなく、機能も回復し、さらに適合もよく、まさに元の歯がよみがえったようにするにはどうすればよいか・・・もちろん顕微鏡によるMI治療も必要です。最小限に、しかし感染しているところをしっかりと取り除き、スメア層を処理し (スメア層とは、歯を削った際に出る切削片が、象牙質の象牙細管に詰まることによって形成される層のこと。スミア層が存在するとレジンなどの接着性が低下し、さらにスミア層自体に細菌が存在する場合もあるので、充填を行なう前にはスメア層の処理を行う必要があります。)層を重ねるように充填していくのです。

少人数のこのセミナーは、講義だけでなく実習もあり、キャンセル待ちの先生方も大勢いらっしゃるほどの人気で、このようなセミナーに参加できたことに感謝しつつ、一人でも多くの方に貢献できるよう、勉強してまいりました。高橋登先生の講義は、テンポよく、わかりやすく、とても充実した二日間でした。

たくさんの質問に丁寧に答えてくださった高橋登先生と、セミナーへ参加させて下さった院長とスタッフの皆さんに心から感謝・・・

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。