症例発表(ケースプレゼンテーション)を終えて

最終回の藤本研修会では、1年間の集大成として自分が治療した患者さんの歯について、みんなの前で発表します。

1年前から予告されていたので、準備も大変でとても緊張しました。

受講生全員分の発表を聞くと、かなり前進した感があります。というのは、講師の先生方がポイントを押さえているか質問して受講生が答えるというディスカッションを繰り返すと、講義とリンクさせて、どうするのが正しいのか分かってきたり、理解が不十分だったところがわかったりするのです。

『一つ一つのことを高いレベルで行わないと、文献に出ている成功率にならない』と石井先生がおっしゃったのがとても印象的でした。

発表を終えて理解がすすんだところがたくさんありますので、また日々の治療に生かしていきたいです。(生澤)

コメントは受け付けていません。