歯周病学会

こんにちは。歯科医師の堀です。

今年は横井さん、高野さんと一緒に久しぶりに歯周病学会へ参加してきました。

歯周病は成人の8割以上が罹っていると言われていて、歯の喪失原因の1位でもあります。歯を一生健康に使っていくためにも、歯周病予防、歯周病ケアは一人一人にとっても、歯医者にとっても一生の課題です。

そもそも歯周病とは?

虫歯も歯周病もどちらも口腔内の常在菌による細菌感染が原因です。常に口腔内にいる虫歯や歯周病の原因となる菌が、食べ残しや磨き残しを餌として繁殖し量が増えるとともに局所に停滞することでその部位に虫歯や歯周病を起こします。

つまりはお口の中が清潔に保ていれば虫歯にも歯周病にもならないということです。

言うのは簡単ですね….

これには噛み合わせや直した歯の状態、生活習慣や全身の病気(高血圧や糖尿病など)など多様な原因が複雑に関係していますので、様々な面から改善が必要なこともあります。

ただ一つ言えることは、歯科医師や歯科衛生士は治すことや、改善指導をすることはできますが、根本的にならないようにするためには患者さんの努力が必要不可欠ということです。

当院は根管治療を専門としておりますが、その歯を長く使っていくためには歯周病のケアが不可欠です。定期検診を忘れずに、また家庭でも予防の意識をもって歯医者さんには治療でなく予防でいらっしゃって頂けると嬉しいです。

 

 

コメントは受け付けていません。