藤本研修会 補綴咬合コース第11回

こんにちは!歯科医師の堀です。

昨日、藤本研修会補綴咬合コース第11回へ参加してきました。今回は顎関節症と非歯原性疼痛についてでした。

当院では通われている患者様はご存知の通り、冷たいものを当てられたり、ビリビリする検査をされて嫌だなぁと思われている方もいらっしゃるかと思いますが、歯の診査と診断については必ず細かいチェックを行なっています。それは何故か?

以前にもブログに書いたことがありますが、歯が痛いと感じても歯が原因とは限らないことがあります。原因は歯の痛みを感じる神経と、顔面領域の感覚や知覚を司る神経がとても近似した領域で密接に関わりあっている事が原因とされています。

臨床医として現象として診査、診断を行って判断をしていましたが、今回の講習会ではその原因や理由についてより深く掘り下げて知る事ができとても勉強になりました。

 

「歯が痛い、でも歯医者では何もないと言われた」

こんな時は可能性があります。

この領域は一般の歯科医院だけで判断、治療できない領域が多く含まれるため専門医への紹介が必要な場合がありますが、当院ではそういった方への診査診断も丁寧に行なっております。このような症状で気になる方はお問い合わせください。

┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─

医療法人社団ヒロ横濱デンタル

〒220-0073 神奈川県横浜市西区岡野1-13-15
ペレネ和平ビル2F
PHONE 045-311-8241
OPEN  9:00~13:00 / 14:30~18:30
CLOSE 水曜・日曜

ヒロ横浜デンタル:http://www.hiroyokoden.com/
専門顕微鏡治療:http://yokohama-microscope.com/
顕微鏡歯科治療:http://yokohama-microendo.com/

─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘

 

コメントは受け付けていません。