ダイヤモンド婚式

歯科医師の堀です
昨日、祖父母の結婚60周年を直系の親族が集まってお祝いをしました。
60年って凄い!
祖父母もこんな小学生だったんだよという話がありました。
添い遂げる事もそうですが60年を元気に生きて過ごす事の方がいかに難しいかを感じます。
沢山の話を聞いてきましたが祖父母の時代は戦後で大変な時代だったと思います。
今は本当に恵まれて平和な毎日ですが自分たちの60年後はどうなっているのでしょうか。
その時の事も考えて、社会に貢献していかなければいけない年齢にもなった事を実感しました。
我が家は先月でやっと1年、紙婚式。
勉強する事も大事ですが、仕事も、家庭も誰かと過ごす時間を一日一日大切にしなければと思いました

パンプキンパイ

こんにちは。すっかり秋ですね。

先日、堀先生が、手作りのパンプキンパイを持ってきてくださって、スタッフみんなで頂きました。堀先生、お料理もお上手なんですね・・・驚きました! そういえば以前、クリスマスパーティーでは、院長がローストチキンを作ってくださった年もありました!! 毎日、小さな歯を顕微鏡を使用して治療しているのですから、やはり器用なんですね・・・

残念ながら、かぼちゃが苦手な横井さんは食べられず・・・そんな横井さんの為に、今度はアップルパイを作ってきてくださるそうです。堀先生、楽しみにしています♪  (高野)

救急対応の訓練の重要性

受付福本です。衛生士の高野さんのブログにもあるよう、当院では毎年必ず9月に救急蘇生訓練を行っております。

院長が歯科麻酔の認定医ということもあり、病院には、AEDの他、心電図や酸素、気管内挿管の道具もあります。もちろん使わないで済むのであればそれに越したことはありません。しかし、万が一に備えて、スタッフ皆がどこに何が何が置いてあるかを把握し迅速に対応できるよう心がけております。

病院内では、幸い開業以来1度も大きな事故や怪我はありませんが、病院のある岡野の交差点は結構事故が多いんです。今までにも、診療中に事故を目撃して院長が現場へ駆けつけ、スタッフが救急車を読んだり、怪我人の手当てを手伝った事もあります。

慣れていないと、119への電話もうまく喋れませんが、訓練でどんな内容をどう伝えるのかシュミレーションしたおかげで、実際の電話でスムーズに説明が出来ました。今後も私たちに出来ることを精一杯行ってまいりますので、ヒロ横浜デンタルを宜しくお願い致します。

秘境、西表島

歯科医師の堀です

8月最後に夏休みを頂き、日本最後の秘境西表島へ行ってきました。

小浜島とはまた違い、亜熱帯のジャングルで爬虫類や昆虫や植物等だけ、人を寄せ付けないような世界でした。沖縄の中でも本島についで大きく、9割が人の入れない自然のまま。信号も街頭もない手つかずの自然に圧倒されました。

2千人ほどしかいない人の半分は外からの移住者。自然も人も、生きる事に純粋な世界でそこへ渡ってしまう人の気持ちもわかる気がしました。当たり前の日常が当たり前でない日常。
日々の生活、診療でもそうですが、目の前の事がすべてになってしまうと周りが見えなくなって大事な物を見失ってしまう事があります。常に広い視野を持つ事と見識を広げる事が大事なんだろうなと感じました。
人生に疲れた方が南の島へ訪れる事も度々あるようです。
西表島ではそんな人が元気になって帰っていくことが多いそうです
日々の日常に忙殺されている方は是非(笑)

新しい治療椅子を増設します。

ヒロ横浜デンタル院長の高橋 浩です。

すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、今年の治療の予約がすべて埋まってしまい、これから治療を開始するとなると来年の1月以降のご予約になってしまっております。皆様に大変ご迷惑をおかけしているため、10月9日より4日間お休みを頂き、治療用椅子を一台増設する工事を行うことにしました。もちろん顕微鏡も完備しております。

今後も変わらず、治療の精度と質の重視のために、患者様の治療時間は1時間から2時間の時間を取らせて頂くため、予約が取りにくい状態は続く可能性がありますが、少しでも多くの患者様に、精度の高い医療を提供出来るようこれからも心がけて行きたいと思います。

ヒロ横浜デンタル 高橋 浩

相互実習

こんにちは。歯科助手の横井です。

学校の授業も中期に入り、相互実習が始まりました。と言っても本当に基本的なもので、バキュームとスリーウェイシリンジの使い方を相互で練習しています。先日は、歯に研磨剤を縫塗って水で流すという授業だったのですが、綿球が持ちにくく相手の口腔内に落としてしまったり、顔にお水をかけられたり(笑)

クラスの半分以上は歯科医院でアルバイトをしていますが、それでも初心者が多いのでお互い切磋琢磨しながら勉強しています。患者役の人は、バキュームの角度など痛い場所を伝えたり、アシスタント役の人は術者役の人のサポートをしたりとお互いに意見を出し合いながら正しい方法で行い、また実際に患者様に対してこうしたらいいんじゃないかなど。同じ立場の人の意見を聞くことが出来るのはとても貴重なので、これからもお互い協力していけたらと思います。

不思議な電話

受付福本です。

当病院では、最近とっても不思議な現象が起こります。

普段は受付をしている私ですが、院長がお休みの日や、遅出の金曜の朝は、受付を横井さんにお任せしています。

何故か、横井さんが受付をしている時は、ビックリするほど電話の数が少ないんです。それなのに、私が出勤してきた途端に電話が鳴ることもしばしば・・・

それだけでなく、最近では私が受付にいると、電話を切った瞬間に電話が鳴り、4件連続で電話が鳴ったことや、午前中で子機の充電が切れたこともあります(笑)

当病院は、キャッチ機能を付けていないので電話を受けている間は、他からかかってきていても電話をかけている相手からは、コール音が鳴ったままなのですが、基本は3コール以内に出るようにしております。もし、電話を鳴らし続けても電話に出ない時は、ほかの電話対応中ですので、御理解いただけますよう宜しく願いたします。

10年前

こんにちは。歯科助手の横井です。

私がマーチングバンドに所属していることはすでにご存じかと思いますが、今年設立10周年を迎えています。突然ですが、みなさんは10年前どのような生活を送っていましたか?今年の大会でお見せするショーは、この10年の歩みを表現しています。

私は10年前、高校で部活漬けの毎日を過ごしていました。大学で今のバンドに入り今年で7年目です。それからはマーチング中心の生活を送り現在に至ります。その間にも、初めてアルバイトを始めたり、就活も体験しました。たくさんの出逢いや別れを繰り返し、今の私があります。今まで本当に人に恵まれて過ごしてきました。4曲構成の中で最後は感謝を表現する場面があります。今までの感謝が伝わるよう、演奏演技していきたいと思います。また、設立当初からの目標である全国小編成1位を目指し、今大会シーズンを乗り越えて行きたいです。

 

救急の日の訓練

こんにちは。衛生士の高野です。

今年も9月9日「救急の日」にヒロ横浜デンタルでは、救命救急について講習を受け、訓練を行いました。

事故はいつ、どこでおきるかわかりません。その時慌てないように、心肺蘇生法、AEDの使用法、異物除去法などについて再確認をしています。突然の事故や病気などのとき、救急隊が現場に到着するまでの間、現場に居合わせた人の迅速な119番通報や、適切な応急処置により、救命効果が上がると言われています。

当院には、AEDも設置されています。救急薬剤なども使用期限の点検をし、今年も周辺で使うような事故がなく、よかったねと、言いながら確認し合っています。

毎年、講習や実習を受けることで、実際遭遇した際には、少しでも力になれたらいいな、とスタッフ一同考えております。