藤本研修会歯内療法学コース 第三回

6月に続いて7月20・21日に第三回目があり、参加させて頂きました。今回は、初めての実習でした。この実習にあたり、前もって神経の治療をされていない歯を準備したり、レントゲンをとったりとなかなか大変でした。いろいろと準備を手伝って頂いたスタッフの方、本当にありがとうございました。

いつもの研修会場に顕微鏡(マイクロスコープ)が運び込まれ、実習器具がずらっと並んでいて、いよいよだーと参加者は朝からかなり緊張していました。しかし始まってみると、これまでの研修と食事会で顔なじみとなった先生方と実習するのは大学にいた頃のようで、とても楽しかったです。講師の石井宏先生やアシスタントの先生方も声をかけて下さって、質問に応じてくださったり、実際に実習中の歯をみてくださったりで、とても充実した2日間でした。私は、実習用に持参した歯の中で難易度が高い歯に挑戦してみたのですが、講師の先生にみて頂くと、まさに世界のトップレベルの技を今見ているんだという感慨さえ生まれました。(その技を少しでも身につけるべく参加しているのですが)

2日目の午後は前歯か小臼歯で実習試験でした。皆、昼食のときは試験の話ばかりで、緊張していました。各ステップごとに時間が決まっていて、自分で各ステップ終了と思ったときに講師の先生に合図して採点してもらい、次にすすみます。実習試験は1時間半くらいあって、最後の方は疲れてきましたが、まずまずの点数で終了しました。(ふう)

これで6回(計12日)のコースの折り返し地点に来ました。今度は10月に大臼歯の実習があります。より難しくなるので、また大変ですが、楽しみでもあります。しばらく研修会の先生方と会えないのと、もうコースが半分しか残っていなくて寂しい気持ちです。10月まで怒涛の前半をよく復習して後半も100%吸収すべく、頑張ります!(生澤)

日本歯科麻酔学会リフレッシャーコースに参加しました

こんにちは。歯科医師の生澤です。

7月7日に私の所属する日本歯科麻酔学会の講演会に参加してきました。学会以外ではなかなか講演を聴くことができないので、貴重な機会でした。

今回は、①在宅・施設におけるリハビリテーション②医療システムの問題点と対策の考え方③麻酔と脳保護④静脈内鎮静法からの回復過程 という4つのテーマがありました。 歯科麻酔といっても、分野が広いと改めて感じましたが、私が最も興味があったのは、④静脈内鎮静法でした。

歯科麻酔学会の静脈内鎮静法ガイドラインと世界のガイドラインとの比較が興味深かったです。それぞれに安全を最優先に作られているのですが、やはり安全性の次に快適性と実用性の要求もあり、まあ日本歯科麻酔学会のガイドラインは妥当かなという感想です。

今回は回復過程に着目した講演でしたが、静脈内鎮静法をしたあとは全身麻酔のあとに準ずるような厳しさが必要と再確認しました。

神経の治療は痛いもの?

4月に行われた第一回に引き続き、6月下旬の週末に藤本研修会歯内療法学コース第二回に参加し、石井 宏先生の熱い講義を受けてきました。

今回は、神経の治療のあとの薬をつめるところ(根管充填)から、その先の土台をたてて、被せ物を入れるところまでのことと、歯の神経や顔の痛みについてでした。

神経の治療がばい菌との戦いだということはHPにのっていますが、治療が終わって根に薬を詰めて、土台・被せ物と最後までいって初めて安心できるということをたびたび教わりました。ラバーダムを使って神経の治療が終わっても、根の薬を入れ終わったところで放置すると短いと3週間でばい菌が入り込んで、根の先まで達するというのです。精密に作られた被せ物をしないと、ばい菌が入り込む隙を与えてしまい、同じことの繰り返しになってしまいます。というより、同じような治療を繰り返していると、そのたびに虫歯などで歯を削っていき、残った歯の量が本当に少なくなって、もう治療できない!ということもでてきますので、いかに精密な被せ物で悪循環をたちきることが重要であるかよくわかります。

次に痛みの話ですが、痛みの種類はたくさんあって、きちんと痛みの原因を特定しないで治療にとりかかることは決してしてはいけないということでした。こうして書くと当たり前ですし、絶対そうでなければいけないのですが、それにしても痛みの原因を特定するのは難しいことです。わからなかったら、早く痛みの専門家に紹介することが最も正しい判断です。特に痛みの原因が身体的でなく、心理的な場合などです。私たちヒロ横浜デンタルでは、このような場合慶応大学口腔外科の和嶋先生に紹介させて頂いております。

神経の治療の後の痛みに関しては、世界の論文で、65%の患者さんに何らかの治療後の痛みがあったと報告されています。そのうち痛みが強い人が25%以下で、2~20%の人が痛みのために緊急来院が必要であったとあります。痛みのピークは治療後12時間ですが、そのほとんどが2-3日で治まります。また、痛みがもともとある場合は治療後痛みがでやすいです。

というわけで、神経の治療の後の痛みは出るものと、論文から言えそうです。痛みの原因は複合的ですが、わかりやすく言うと、転んでけがして消毒すると痛いでしょ、ということも一つあります。

しかし、痛いのはだれでも嫌です。我慢しなさいとはいえません。ですから治療に細心の注意を払い、それでも痛い可能性があることを説明し、痛み止めを処方するということが大切です。日本人は我慢強いということもありますが、痛みは我慢せず痛み止めを飲んでください。ほとんどの場合痛み止めは効くはずです。また、何かおかしいと感じたら遠慮なくご連絡いただくのも大切です。

以上、熱い講義のまとめです。ご参考になれば幸いです。(生澤)

ラグジュアリーなプライベートの個室での歯科治療

こんにちは。歯科医師の生澤です。

4月から藤本研修会に参加させて頂いていることを以前のブログにも書いておりますが、その顔合わせ会にて、主宰されている藤本順平先生とお話させていただく機会がありました。「同じグループだから、今度見学にいらっしゃい」というお言葉をかけて頂き、さっそくお願いし、実現しました!温かくご案内頂いた浩平先生と、調整していただいた院長に本当に感謝しております。

藤本歯科医院は、銀座の真ん中にありexclusiveな歯科医院でした。患者さんは日本の各分野のトップの方々が多く、受付から圧倒的にラグジュアリーで、他とは違う雰囲気が漂っていました。診療室はもちろん個室で、丁寧に時間をかけて世界最高レベルの治療を行っています。専門分野の違う先生との連携でパーフェクトな治療が行われます。

ヒロ横浜デンタルにも、藤本歯科医院で治療された患者さんがいらっしゃいます。藤本順平先生に20年前に治療された患者さんのお口を拝見しましたが、顕微鏡を使っていないのに、顕微鏡で見てもぴったりの被せ物で、しかも20年たったときでも問題なく口の中で機能している!という驚きのお仕事です。先生の偉大さがわかると同時に、顕微鏡を使っているのだから当然良い仕事をしなくてはいけないと身がひきしまる思いです。

藤本歯科医院を見学させて頂いて、目指すべきところがよくわかり、とても貴重な体験をさせていただきました。まずは今の研修会をしっかり習得して、ますます研鑽していく所存です。

ブラックロングヘアー?

こんにちは。歯科助手の横井です。

私が当院に入ったばかりの頃、ずっと通ってくださっている患者様に、また似たような雰囲気の子が入ったねー!と、よく言われていました。

自分ではよくわからなかったのですが、よくよく聞いてみると先生の好みが黒髪ロングだとか?!確かにみんな黒髪ロング…

と、それは冗談ですが。その場所のオーラが似たような人を集めるのかもしれませんね。素敵な職場に出逢えたことに感謝です!

三度目の二十歳

古株福本です。

今月、母が還暦を迎えました。ですが、その数日前に妹が女の子を出産し、3人目の子供だったこともあり、家が近いので毎日手伝いに行っている母は自分の誕生日どころではなく、娘と孫の世話で大忙し。

誕生日といえば、小さい頃は自分が一日主役でプレゼントももらえる特別な日としか思っていなかった気がします。でもある時何かの本に書いてあった、“自分を生んで育ててくれた両親に感謝する日”ということに気がつき、誕生日の捉え方が変わりました。

自分が主役の日だけど、健康に今を過ごせているのは、両親や周りの人のおかげで、自分だけで大きくなったわけではないこと。親からすれば、無事に成長してくれて感謝、子供からは、育ててくれてありがとうとお互いが感謝できたらいいですよね。

自分の両親の誕生日は、元気で居てくれることに感謝する日。誰にとっても、親とは常に一番身近な大人ですが、ずっと元気とは限りません。居て当たり前と思いがちですが、常に感謝の気持ちを忘れずに持ちたいなと思います。

是非皆さんも、次の誕生日は両親に感謝しつつ1日を過ごしてみてください。

 

 

夏のブラックと言えば・・・

こんにちは、一番の古株の福本です。

皆さんは、夏の“ブラック”と言えば何を想像しますか?

私は、なんといってもG(ゴキブリ)です!!

実家もでしたが、今住んでいるお家は築40年ほどの純和風で、最近のおうちと違い至る所に隙間があります。一酸化炭素中毒には間違ってもならないですが、頑張ってきれいにしてもどこからともなく夏になると出没するんですよね。

先日のお休みにも、主人が帰ってくるまで居間でTVを観ている時、ふと隣の椅子を見るとGが・・・びっくりして、一人で大騒ぎしてしまいました。

ムカデやクモなど他の虫は比較的大丈夫なんですが、どうしてもGは苦手で処分できないんです。

あの子達は動きが読めなくて、どこに動くか分からないから怖いんですよね。

主人は、昔から慣れているのか、素手でも捕獲できるんですが、私が絶対に許しませんし、必ず、トイレにさよならしてもらっています。

病院のスタッフもみんな虫が苦手なので、迷い込んだ昆虫処理は私の役目です。

もし、私が病院を卒業してしまったら誰が後任をしてくれるのか、みなさん楽しみにしていてくださいね(笑)

 

今年の

今月、誕生日を迎えた横井です。

今年の誕生日は先生からシェラトンホテルでのランチに加え、みなさんからサックス購入補助券なるものをいただきました!なぜサックスかというと、私は一般のマーチングバンドに所属してまして今年は新しく楽器が必要でした。バンドの先輩についてきてもらい、初めて自分で選んで買いに行ったのですが、楽器を買うときはお店の方に3本ほどサックスを取り寄せていただき全部吹いて自分に1番合うものを探します。さらにマウスピースと呼ばれる口にくわえる黒いものがあるのですが、同じ種類のものでも角度が違うらしく、それは10個くらい試し吹きをして自分に合うものを見つけていきます。同じように見えても一つ一つに特徴があり、滅多に出来る経験ではないので楽しく選ぶことが出来ました。

皆様のサポートもあり中古ではありますが、良い楽器を購入することが出来て嬉しいです!

これから大会シーズンに入り忙しくなりますが、趣味に没頭し過ぎず仕事も一生懸命やっていこうと思います!

Birthday party!

こんにちは。皆さん、お誕生日はいつですか?

今月7月は横井さん、先月6月は私、高野の誕生日がありました。

先日、診療時間を少しあけてくださった院長が、ランチの予約をしてくださって、横井さん、福本さん、私の三人で横浜ベイシェラトンでランチをごちそうしてくださいました。

「ゆっくりしておいで」

と、院長がお留守番してくださって、三人、「平日の昼間に贅沢だね~♪」と言いながらおいしいご馳走を頂いてきました。

シェラトンの皆様には、生クリームの苦手な横井さんのためにスペシャルなデザートを用意していただいたり、写真を撮ってくださり、フォトフレームにいれてプレゼントしてくださったりと、とても良くしていただきました。ありがとうございました。

お天気も良く、きれいな景色を眺めながら、楽しい時間を過ごすことができました。

院長、ごちそうさまでした。

ゴルフ、好きですか?

全英オープンゴルフ、開催されていますね。ついつい見てしまって、寝不足気味の方、少なくはないでしょう・・・

日本選手では、全英オープン初出場の松山英樹選手は3日目を終えて3オーバー。片山晋呉選手も25位と上がってきて、今晩が楽しみです。

全英オープンゴルフとは、全米オープン、マスターズ、全米プロとならぶ世界4大メジャーの1つで、1860年に第1回が開催され、150年に渡ってその戦いがくり広げられてきた、最古の歴史と伝統を誇る大会だそうです。

それにしてもすごいコースですね・・・

こんなバンカー、入れてしまったら出せそうにありません・・・そして強い風に深いラフ。

当院の患者様でもゴルフ好きな方が多く、いつかヒロ横浜デンタル杯を開催したいですね・・・と言っているのですが、なにしろ院長は海好きで、ヨットに興味がある様子。

どなたか、院長をゴルフへ誘い出してください!ゴルフはみているだけでも楽しいですよね。(高野)  2013年7月21日